患者の皆さまへ
トップページ患者の皆さまへ入院のご案内入院に際してのお願い

入院に際してのお願い

 徳島赤十字病院は、急性期医療を中心に高度で専門的な医療を提供するとともに、地域医療支援病院として地域の医療機関と連携を密にし、地域医療の向上に取り組んでおります。

 このため、当院での急性期の治療が無事終了し病状が安定した入院患者さまには速やかに退院、外来通院、そして地域開業医(かかりつけ医)での経過観察をお願いしております。転医(院)先とは連絡を密にして患者さまの治療の一貫性に支障のないよう努力していきたいと考えております。

ご留意いただくこと

  1. 病状や健康に関する正しい情報を医療者に提供してください。
  2. 検査や治療の内容を十分理解し、合意の上でお受けください。理解・合意できない場合は、その旨をはっきりお伝えください。
  3. ひと間違い防止のため、お名前を名乗っていただいたり、お名前を記載したリストバンド(入院中)と照合したりして、たびたびご本人確認をさせていただきます。医療安全の確保にご協力ください。
  4. 病状などにより他の病室に移っていただく場合がありますので、ご了承ください。
  5. 院内感染予防のため、病室を出入りされるときは必ず手洗い・消毒をお願いします。各病室に手洗いおよび消毒液を設置しています。ご面会の方にもお願いしてください。
  6. 治療で針やメスなどの鋭利な器具を用いる場合、患者さまの血液が付着した器具によりスタッフがみずから受傷するなどの事故が発生することがあります。その際には、スタッフの感染防止のため、患者さまのウイルス検査(梅毒、B型肝炎、C型肝炎、HIV、必要時HTLV-1)を速やかに行うことが必要となります。
    ウイルス検査実施時には、患者さまに事前にご説明いたします。また、検査結果については、個人情報保護法を遵守し、患者さまにご報告いたします。その際の検査費用は当院が負担いたします。
    なお、手術中の麻酔や鎮静等の理由により、事前にご説明できない場合は、事後になることをご了承ください。ご了承いただけない場合は、あらかじめスタッフまでお申し出ください。
  7. 医薬品や医療機器等の臨床試験「治験」をお願いすることがあります。その場合は十分に説明を聞くことができます。また、いつでも拒否できます。ただし、拒否による不利益はありません。
  8. 当院は、明日の医療を担う人材を育成するため、教育・研修病院として、学生等の教育実習を行っております。実習は、医師、看護師等の指導・監督下に行われますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
  9. 病院内でのルールやマナー、治療における注意事項をお守りください。
    • 携帯電話やスマートフォンはマナーモードにしてください。ご使用される際は、他の方の迷惑にならないようご注意ください。消灯以降の病室でのご使用は、緊急時以外はご遠慮ください。手術室、ICU、救命救急センターでは電源をお切りください。
    • 外出・外泊を希望される方は、医師や看護師にお申し出ください。
    • 消灯は21 時です。以降は枕灯をご利用ください。
    • 鳩などの餌付けは、療養環境・衛生面で問題が生じますので禁止します。
  10. 施設内部ならびに職員、患者さまの写真・動画撮影・録音についてはご遠慮ください。
  11. 暴力、暴言やセクシャルハラスメント、ストーカー行為があった場合は、診療をお断りします。
  12. 病院敷地内(建物内・敷地すべて)は禁煙です。喫煙された方は診療を中止させていただく場合があります。また、火気(ライター、マッチなど)の持ち込みも固く禁じています。

関連リンク

個人情報保護方針