徳島赤十字病院について

特殊機能

地域医療支援病院
地域医療支援病院は、地域の病院と連携を図り、患者紹介や高額な医療機器等の提供・共同利用を行うとともに、地域の医療従事者の向上のため生涯教育等の研修を実施しています。
高度救命救急センター
救急外来・手術室・ICU・救命救急病棟を一体的に配置し、万全の体制で診療にあたっています。
小児救急医療拠点病院
2002年4月、小児科救急医療拠点病院に指定されました。小児科医2交代勤務により24時間365日対応しています。
地域災害医療センター
災害時の救護活動は、赤十字の中心的事業であり、迅速かつ的確な救護活動ができる体制をとっています。
臓器提供施設
当院には、徳島県内の移植全般に関わる徳島県移植コーディネーターが所属しています。県内全域の医療従事者への理解と協力依頼、また(財)徳島県腎臓バンクとともに、県民への移植医療の啓発に努めています。
臨床研修病院
2004年度から開始された新医師研修制度では、毎年約10名の研修医を受け入れています。幅広いプライマリ・ケアに対応し得る第一線の臨床医・専門医を育成するため、診療に関する「知識」「技術」「態度」の修得を目的に指導しています。
地域がん診療連携拠点病院
地域がん診療連携拠点病院は、地域の医療機関と密接な連携を図りながら、がんの専門的診療、がん治療に関わる医療従事者研修、情報提供などを実施しています。
地域周産期母子医療センター
低体重児の出生割合の増加や出産年齢の高齢化等に伴うハイリスク分娩の周産期救急医療に、24時間体制で対応しています。
へき地医療拠点病院
へき地診療所への代診医の派遣や技術指導及び援助を行い、へき地における住民の医療の支援に努めています。