臨床研究管理センター

臨床研究「治験」とは

 「薬」ができるまでには、研究者や医者だけでなく多くの人々の協力と理解が必要です。例えば、“動物ではよく効くのに人にはあまり効かなかったり”、“動物では安全なのに人では副作用を起こす”といったことがあります。それは、人と動物では体のしくみが違っているからで、動物実験の結果をそのままに人にあてはめることはできないのです。

 もしも、人での効き目や副作用を調べずに使ってしまえば、病気が治らないばかりか、多くの人々に思いもよらぬ副作用を起こしてしまうかもしれません。

 そこで、どうしても、人での効き目や副作用を調べる必要があります。この、人での効き目や副作用を調べることを一般に「臨床試験」もしくは「臨床研究」と言い、特に「薬」として認めてもらうために行なうものを治験といいます。

治験のルール

 治験では、“薬の候補”を人に試してもらうことになりますから、治験に参加していただく方々の人権や安全性が最大限に守られなければなりません。また、それと同時に“薬の候補”の効き目や副作用は科学的な方法で正確に調べる必要があります。そのために、治験の実施には大変厳格なルールが国によって定められています。また、治験が実際に行なわれるまでにも多くの手順があります。

治験の手順

 まず治験の内容を説明します。
どのような「薬」か・調べたい内容は何か・どのような方法か(入院するのか・通院でも可能なのか)・どのくらいの期間か・副作用や危険性として考えられることと、それが起こった時にどの様にするか・その他日常生活での注意点など細かく説明します。また、この時に疑問点をお聞きしどのような事でもお答えします。
後日、治験の内容に同意をいただければ、治験が開始されます。
また、治験中でも、患者様の都合で中止することも可能です。

治験中の費用

 診療費・検査費等の諸費用は無料となります。
 治験を受けられた方には交通費として“治験協力費”が支払われます。