呼吸器外科

非腫瘍性病変

気胸

 気胸とは肺が破れて空気がもれる病気です。もれた空気は行き先がありませんから胸腔内(胸の中)に貯まります。この空気により肺がつぶれてしまいます。自然気胸と呼んでいるのは、ぶつけた覚えもないのに肺から空気が漏れたという意味です。

 20歳前後のごく健康と思われている若者にある日突然起こる気胸はほとんどが原発性のものです。肺がペラペラで風船状になった部分(これをブラと呼ぶ)ができて、それが破裂して起こるものです。破裂する誘因は不明のことが多く運動時安静時に関係なくおこります。突然胸が痛くなり、また、大きな呼吸をしようとすると痛むことが多いようです。発病して最初の一日は症状が強く、次第に和らいでくるのが一般的です。

タバコは悪影響を及ぼし高齢の方ではタバコをよく吸う人に多いのです。自然気胸の原因は肺嚢胞だけではありません。肺がんや肺結核で肺が破れて気胸になることもあります。ですから、気胸を起こしたときになにが原因かを確認することも重要です。

 交通事故などの外傷では折れた肋骨で肺が破れて、外傷性気胸を起こします。女性の場合には月経の時期になると気胸が起こる月経随伴性気胸という病気があります。これは胸に子宮内膜症が起きることが原因と考えられています。

自然気胸の症状

 突然起こる胸痛です。咳が急に出始めたり、呼吸が苦しくなることもよく起こる症状です。 自然気胸は人によっては何回も再発を繰り返すことが問題になります。片側だけでも問題ですが、両側が同時に破れると非常に危険です。空気が肺だけでなく心臓を圧迫すると血圧が下がってショックとなります。これを緊張性気胸と呼んでいますが、強い呼吸困難や血圧低下が生じ、すぐに処置をしないと危険です。もうひとつ危険なことは、肺が破れてしぼむときに小さな血管が切れて大出血を起こすことです。この場合も血圧が下がってショックになることがあります。

治療法

  1. 放置・観察:気胸の程度が軽いときは、安静のみで様子をみます。激しい運動、肉体労働以外の日常生活(学校へ通う、事務的な仕事をするなど)の制限はしません。 数日ごとにレントゲン写真で経過をみます。
  2. 脱気・ドレナージ:胸に針または管を刺して、空気を抜きます。空気が抜けたぶん肺が膨らみます。肺が1/3から2/3までぺしゃんこになった場合はソラチックエッグなど最新の管を挿入して外来で経過を見ますが、完全にぺしゃんこになった方は入院が必要な場合があります。
  3. 手術:CTでブラがある方、空気漏れの止まらない方、また再発の方も手術の対象になります。

気胸の手術

 現在では胸腔鏡手術が主流です。胸腔鏡というのは、約1センチの傷からテレビカメラを胸腔の中に入れて、肺の表面を観察する道具のことです。そして、2~3ヶ所の小さい傷から道具を入れて、ブラを切除したり、縫い込んだりします。ブラを見逃さない、きちんと処置をすることが手術のポイントです。入院期間は4~5日程度のことが多いのですが、さらに短くなる傾向です。手術をしても、なかにはまた再発することもあります(術後再発は5%程度です)。術後再発をなくすように、最近では切除縫合だけでなく胸膜の補強を行っております。胸膜の補強にはフィブリン糊という製剤を使用しますが(他人血より作成)、当科では若年の方には自己血を用いて患者さん固有の糊の作成を行っています。

気胸の再発予防

 こうすれば再発を予防できるという方法はありません。いつもと同じように生活してください。喫煙者の方は、タバコはぜひやめましょう。お子さんが自然気胸の両親も、これを機会に禁煙なさるとよいでしょう。

非結核性抗酸菌症(NTM)

 最近感染者が増加している病気で、結核の親戚のような病気です。結核と異なる点は人から人に感染しない事で、治療は結核と類似した薬(抗生物質)を1年間程使用します。しかし空洞病変がある方は再発しやすく難治性です。しかし、結核ほど自覚症状はなく、軽い咳、痰、微熱程度で長い期間をかけて悪化していきます。CTなどでかなりの肺病変を認めても自覚症状が少ないのが特徴です。

診断

 痰の検査で菌が証明できれば診断ができますが、たんが出ない方は気管支鏡検査をする場合があります。菌が証明できれば治療に進むことが可能です。

治療

 結核の薬と類似した抗生物質を使用します。しかし空洞病変があると再発しやすく薬で完治しないときは、初期の段階で手術をすることもあります。両肺に空洞病変が散在するような進行した段階では手術の対象になりにくく、症状を緩和する目的で薬を使用しながら経過をみることもあります。

外傷

 交通事故などの外傷であばら骨や、肺、気管、横隔膜などがひどく損傷されれば、手術をしなくてはならない場合があります。