リハビリテーション科
トップページ病院のご案内診療科のご紹介リハビリテーション科

リハビリテーション科

理念(3つのH)

Head : 知識を深め、根拠に基づいた医療の提供を目指します。
Heart : 思いやりのある、親身な対応を心がけます。
Hand : 技術を磨き、質の高い医療の提供を目指します。

基本方針

  1. あらゆる疾患を対象とし、急性期医療に対応したリハビリテーションを実施します。
  2. 早期離床、早期自立、早期退院を目指します。
  3. 地域医療施設との連携をはかり、地域完結型医療を目指します。

施設基準

  • 運動器リハビリテーション施設基準(Ⅰ)
  • 心大血管リハビリテーション施設基準(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション施設基準(Ⅰ)
  • 脳血管疾患等リハビリテーション施設基準(Ⅰ)
  • がん患者リハビリテーション施設基準

スタッフの紹介(医師1名、理学療法士10名、作業療法士5名)

小倉 理代(リハビリテーション科副部長)
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本医師会認定産業医、日本循環器学会専門医
日本超音波医学会超音波専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
日本心臓リハビリテーション学会認定心臓リハビリテーション指導士

小田 実(リハビリテーション課長)
理学療法士、3学会合同呼吸療法認定士、訪問介護支援員
日本糖尿病療養指導士、赤十字救急法救急員
日本心臓リハビリテーション学会認定心臓リハビリテーション指導士
徳島医療福祉専門学校非常勤講師

嶋田 悦尚(リハビリテーション係長)
理学療法士、3学会合同呼吸療法認定士
住環境福祉コーディネーター2級、日本糖尿病療養指導士
日本心臓リハビリテーション学会認定心臓リハビリテーション指導士
がんのリハビリテーション実践セミナー研修修了

佐々木 加奈子
 理学療法士、赤十字救急法救急員
川西 詳美
 理学療法士、赤十字救急法救急員
 がんのリハビリテーション実践セミナー研修修了
真鍋 誠
 理学療法士、赤十字救急法救急員
 がんのリハビリテーション実践セミナー研修修了
高瀬 広詩
 理学療法士、3学会合同呼吸療法認定士
 日本心臓リハビリテーション学会認定心臓リハビリテーション指導士
平野 規郁
 作業療法士、赤十字救急法救急員
 がんのリハビリテーション実践セミナー研修修了
新名 大介
 作業療法士、赤十字救急法救急員
 3学会合同呼吸療法認定士
 がんのリハビリテーション実践セミナー研修修了
佐藤 真衣
 作業療法士、赤十字救急法救急員
 がんのリハビリテーション実践セミナー研修修了
村上 直也
 理学療法士
中川 登紀子
 理学療法士
田上 友希
 理学療法士
内海 裕也
 理学療法士

※地域医療施設より、理学療法士2名と作業療法士3名がローテーションで勤務し、当院スタッフとしてリハビリテーションを行っています。

機能的役割

急性期病院としての機能的役割

  • 急性期医療に対応したリハビリテーションの実施
    • 外来は行わず、入院患者様を対象とし、病棟主体のリハビリテーションを実施する。
    • クリティカルパスを導入し、早期より計画的に呼吸リハビリテーション・心臓リハビリテーション・運動療法・基本的動作練習・日常生活動作練習などのリハビリテーションを実施する。
    • あらゆる疾患に対応し、土・日曜日も含め集中したリハビリテーションを実施し、早期離床、早期自立、早期退院を目指す。
    • 自宅退院される患者様には、スムーズに家庭復帰、職場復帰ができるよう患者様に即した退院指導パンフレットを活用し、退院指導を行う。
    • 引き続き、地域医療施設での継続したリハビリテーションを受けられる患者様には、地域連携パス・情報提供書(患者様の承諾が必要)を作成し、送付する。

  • チーム医療の推進
    • 院内各種委員会への参加
      (部門別経営会議、業務推進会議、MSM委員会、クリティカルパス委員会、NST・褥瘡対策委員会、キャンサーボード、がんサポートチーム)
    • 病棟主体のリハビリテーションを実施
    • カンファレンスの開催 
    • 医師による病棟回診に同行 
    • 他職種の院内勉強会に参加、または講師派遣

地域医療支援病院としての機能的役割

  • 地域医療施設との連携
    • 当院リハビリテーション科は急性期のみのリハビリテーションを実施する。引き続き、地域医療施設での継続したリハビリテーションを受けられる患者様には、地域連携パス・情報提供書(患者様の承諾が必要)を作成・送付し、地域医療施設との連携をはかり、地域完結型医療を推進する。
    • 地域医療施設よりスタッフを受け入れ連携をはかる。

  • 地域からの理学・作業療法士卒後研修受け入れ
    • 地域医療施設からの依頼により、卒後まもない理学療法士を対象に、急性期リハビリテーション研修を受け入れる。
    • 研修プログラムを作成し、対応する。

  • 地域医療従事者との勉強会を開催
    • 年に2回程度、コメディカルの知識、技術の習得を目的に徳島県南部リハビリテーション推進会を当院リハビリテーション科主催で開催する。

  • 徳島県理学・作業療法士会活動等への協力
    • 徳島県理学・作業療法士会からの依頼により、研修会、等に講師を派遣する。
    • 中学生、高校生の職場体験学習を受け入れる。

  • 広報活動
    • 当院リハビリテーション科の理念、基本方針、施設基準、スタッフ、診療内容、診療体制、卒後研修案内を当院ウェブサイトに掲載する。

研修施設としての機能的役割

  • リハビリテーション科研修
    • 当院研修医プログラムの中で研修医を受け入れる。

  • 理学療法士養成校からの臨床実習生の受け入れ
    • 徳島医療福祉専門学校(実習I、実習II、実習III)
    • 徳島健祥会福祉専門学校(実習I、実習II、実習III)
    • 平成リハビリテーション専門学校(実習II、実習III)
    • 徳島文理大学(実習I、実習II、実習III、実習IV)

  • 専門領域の理学療法について養成校に講師を派遣
    • 理学療法士養成校からの委嘱により、専門領域の理学療法について、講師を派遣する。
      (徳島医療福祉専門学校:循環器疾患の理学療法)

卒後研修、徳島県南部リハビリテーション推進会等への問い合わせ先

リハビリテーション課 小田 実(おだ みのる)
TEL:(0885)32-2555(内線3290)
FAX:(0885)32-6350
E-mail:reha@tokushima-med.jrc.or.jp

徳島県南部リハビリテーション推進会開催歴

統計

リハビリテーション科年度別処方数

リハビリテーション科処方状況(2016年度)