麻酔科

麻酔科

理念

 当科では「ハイレベルな安全性と、苦痛からの解放により質の高い医療を提供する」という理念のもと、以下の活動を行っています。

手術の麻酔

 当院は日本麻酔学会の認定する麻酔指導病院です。

 全身麻酔・硬膜外麻酔・脊椎麻酔のすべてを麻酔科が行っています。年間麻酔科管理の手術件数は約4,000例です。

  在院日数短縮に伴い手術件数は増加していますが、一人一人の患者様に術後まで視野に入れたきめ細かな全身管理を行うことを方針としています。

 数ある学会の中で、おそらく危機管理に最も早くから取り組んだのは日本麻酔学会ではなかったかと思われます。

 その活動のひとつとして、麻酔指導病院を対象に毎年偶発症調査を行い、日本における術中のアクシデントの内容とその発生率をはじき出し、それをもとに様々な提言や機器の改良を行っていることがあげられ、この調査には当院も参加しています。

 医療の「質的管理」を重視し、そのために以下のようなことに取り組んでおります。

  1.  前日の麻酔担当医による術前回診とそれに引き続くカンファレンスにより、スタッフ全員が翌日行われる手術の患者様について全身状態や麻酔管理上の問題点を討論しています。
      麻酔は個人プレーの要素が強いものですが、それだけにスタッフ間のコミュニケーションは欠かせません。 麻酔科はチームでひとりひとりの患者様の安全と快適をお守りしています。

  2.  全麻酔症例で日本麻酔学会の勧告に従ってモニタリングを行っています。
      すなわち、心電図、自動血圧計、パルスオキシメータは脊椎麻酔を含む全症例、それに加えて呼気ガスモニター(+麻酔ガスモニター)、体内センサーによる体温をすべての全身麻酔症例でモニタリングしています。

  3.  かつて脊椎麻酔(脊髄くも膜下麻酔)はもっとも事故や後遺症の多い麻酔法でした。
     当院では2種類の脊椎麻酔用薬剤を手術に応じて使い分け、モニタリングと蘇生の準備のもとに全身管理を行っています。細い脊麻針の採用により術後頭痛も激減しました。 患者様のご希望に沿い、術中眠った状態で手術を行うことができます。

  4.  不安と苦痛の除去は力を入れて取り組んでいるテーマです。
     以前の小児麻酔は泣き叫ぶ子を押さえつけて行っていましたが、当院では前投薬の内服により大部分の子どもさんはにこにこしながら搬入され、麻酔ガスのマスクを自分で顔にあてる子どもさんさえ見かけられます。すべての手術について術後疼痛管理を計画し、開胸・開腹・下肢手術では硬膜外カテーテルを留置し、ディスポーザブル インフューザーを用いて局所麻酔薬とオピオイドによる術後鎮痛を行っております。
     その他の症例ではモルヒネなど医療用麻薬の持続静注・皮下注を行い、患者管理無痛法(PCA)のデバイスも採用しています。また超音波ガイド下神経ブロックも行っております。

  安全性だけを重視し、後は痛くて当たり前の時代は終わり、患者様の快適性を追求する時代に入ったと思われます。

 標準化された術後疼痛対策プログラムにより離床を早め平均入院日数を短縮しうることは、すでに欧米では証明されています。どのような大きな手術でも、患者様に「いつの間に終わったの」と言っていただけるよう、絶えず技術改善に努めております。

集中治療および救急

 多発外傷、薬物中毒、溺水、原因不明の院外心肺停止患者(CPAOA)などは救急部・麻酔科が主に集中治療室(ICU)で治療に当たります。院外心肺停止患者の蘇生や社会復帰に全力を注いでおり、救急救命士の気管挿管実習や薬剤投与実習などを行いながら、救急救命士との連携をよりいっそう強め救急現場からの治療開始を目標にしています。また、ICLS(ACLS)コースの開催や院内で定期的に行われているICLSミニコース開催など教育・研修も積極的に行っています。

疼痛管理

 がん性疼痛については緩和ケアの一環としてWHO方式がん疼痛治療法の院内普及に努め、経口モルヒネでコントロール困難となった症例について各科からの紹介でブロック治療やオピオイドの持続静注・持続皮下注といった疼痛管理を行っています。PCAによるモルヒネの持続皮下注を行っている患者様を、在宅医療へ移行して疼痛コントロールを行った例があります。

今後の課題

 今後は麻薬処方をして下さる開業医の先生方との連携により、緩和ケアや慢性疼痛管理を充実させていくことが課題と考えております。

関連リンク

後期研修医募集要項
診療科のご紹介