医療安全推進室

医療安全推進室

目的

 医療行為を始めとするあらゆる事故および事故につながる可能性があった事柄を、病院全体で共有化し、事故の防止を図ります。

対象

 患者さまやご家族の方々だけにとどまらず、院内におられた方に直接、身体的・精神的に苦痛を与えた事例に対処します。

活動

 リスクに結びつく院内の情報を一元的に収集し、関連委員会との連携を通じて病院組織の一体性を図りつつ、問題点を分析検討のうえ、改善策を図ります。リスクの発生を未然に防止するとともに、大きなリスクに発展することを抑制するため、次の業務を行います。

  • 医療安全に係る指導に関すること。
  • 医療安全に係る情報の管理に関すること。
  • 医療安全に係る会議等に関すること。
  • 医療安全に係る教育に関すること。
  • 医療事故の調査に関すること。
  • 医療事故発生時の対応に関すること。
  • その他、医療における安全管理に関すること。

主な活動事例

  • サーベイランスの実施と感染防止技術の質の向上及び評価
  • 対象に応じた全職員教育(研修会等)による医療安全・感染防止に関する役割の認識と知識の向上
  • 活用できるマニュアルの作成及び改訂
  • 医療安全・感染対策に関するラウンドの実施
  • 最新の感染情報提供のため、ICTニュースの発行
感染対策チーム ラウンド前のカンファレンス

医療安全のためにご協力ください

 医療安全を推進するためには、患者さまやご家族の協力が不可欠です。

  • ご本人かどうかを確認するため、外来の診療・処置・検査等の際に、患者さまご自身にお名前を名乗っていただいております。
  • 入院中にはネームバンドを着けていただき、診療・処置・検査等の際に確認しています。患者間違いを防ぐため、ご協力をお願いいたします。
  • 治療で針やメスなどの鋭利な器具を用いる場合、患者さまの血液が付着した器具によりスタッフがみずから受傷するなどの事故が発生することがあります。その際には、スタッフの感染防止のため、患者さまのウイルス検査(梅毒、B型肝炎、C型肝炎、HIV、必要時HTLV-1)を速やかに行うことが必要となります。ウイルス検査実施時には、患者さまに事前にご説明いたします。また、検査結果については、個人情報保護法を遵守し、患者さまにご報告いたします。その際の検査費用は当院が負担いたします。なお、手術中の麻酔や鎮静等の理由により、事前にご説明できない場合は、事後になることをご了承ください。ご了承いただけない場合は、あらかじめスタッフまでお申し出ください。