薬剤部

業務内容

調剤

 調剤係は医師がオーダした処方箋に基づき、錠剤・カプセル剤・散剤・水剤・外用剤などの調剤を行います。それぞれの薬剤の特性を理解した上で、適切な方法で調剤を行います。薬剤により腎機能や肝機能に応じて減量を検討する必要もあります。その場合は調剤室においても、電子カルテから患者さまの検査結果を確認し、適切な量が処方されているかどうか、用法が適切かどうかを確認します。

 さらに調剤者とは別の薬剤師が鑑査を行い、薬の量・使い方・併用禁忌などをさらに確認し、処方箋に疑問があれば医師に疑義照会をしています。

 注射係は医師がオーダした注射処方箋に基づき、患者さま個人別に注射剤をセットして病棟に払い出します。注射剤においても薬物動態や、他剤との配合などそれぞれの薬剤の特性を理解した上で、適切な投与ルートが選択されているか、投与間隔が適正であるか確認しています。

 また、高カロリー輸液や抗がん剤は無菌室で調製しています。高カロリー輸液はクリーンベンチで清潔に調製を行います。抗がん剤は安全キャビネット内で調製し、調製者や搬送係、看護師が被爆しないよう対策を行っています。(注射剤調製の項目を参照してください。)

 さらに、抗がん剤治療についてはレジメン登録を行い、安全で適正な投与量投与方法ができるように管理しています。投与前日には再度、前回の投与歴および投与計画表を確認しています。

 患者さまに安心して安全に治療を継続していただけるよう、薬剤部は支援します。