薬剤部

業務内容

注射薬剤

 混合された注射剤の無菌性、安全性、有効性を確保するために、特に感染に注意が必要な中心静脈経由の高カロリー輸液注射剤を薬剤部無菌室内のクリーンベンチを用いて、末梢静脈からの点滴の一部は薬剤部製剤室内のクリーンテーブルを用いて調製しています。

 また、輸液療法の安全性は、注射剤を無菌的に調製するだけで確保できるものではなく、むしろ輸液処方内容の鑑査、あるいは輸液ライン由来の細菌汚染、配合変化および刺入部の衛生管理、輸液に適したラインなどもそれに劣らず重要です。

 薬剤部では輸液の処方内容の鑑査にも力を注いでいて、調製前日に2名が確認し、問い合わせが必要と考えられる輸液処方は医師に疑義照会しています。さらに当日の調製後には最終鑑査を行い、異物の混入はないか、溶液の色や量は適切か、ラベルの表示に問題はないか等を確認して病棟へ払い出します。

 同様に、抗がん剤注射剤も無菌室内の安全キャビネットを使用して調製しています。調製前日には薬剤の抜き取り量の換算や使用物品の準備等を念入りに行い、当日の調製、最終鑑査を行って病棟や外来化学療法室へ払い出しています。

 現在薬剤部では全ての薬剤部員が交代で調製を担当しています。休日も交代で出勤し高カロリー輸液や抗がん剤注射剤の調製を行い、患者様により良質な医薬品の提供ができるよう日々努めています。