薬剤部

業務内容

薬剤管理指導

 当院では各病棟に専任の薬剤師が常駐し、医薬品に関連する業務を行っています。

  • 患者様の持参薬の確認や情報収集・評価を行い、必要な情報を医師等に提供します。
  • 医師からの持参薬の継続あるいは中止の指示を患者様に伝えます。
  • 患者様の処方薬をカルテ等の情報に基づき、適切であるか再度の鑑査を行います。
  • 持参薬や他科の処方薬と重複や相互禁忌がないか確認します。
  • 患者様の腎機能・肝機能の低下等に合わせた最適な薬物治療の実施を医師に提案します。
  • 服薬困難な患者様に対する錠剤の1包化や粉砕などの服薬支援を行います。
  • 患者様のベッドサイドで服用薬の作用や副作用を説明します。
  • ハイリスク薬(抗がん剤、糖尿病薬、血液凝固阻止剤等)について薬学的管理を行います。
  • 退院後も薬剤が適切に使用されるよう患者様に説明します。
  • 抗MRSA薬開始時に腎機能に基づく投与計画を提案します。
  • 病棟の定数薬等の医薬品を管理します。
  • 病棟スタッフへ医薬品の情報提供を行います。

 以上のように「薬剤管理指導業務」と「薬剤の取扱いおよびその補助業務」を続けながら「医師等と協働して行う薬物治療業務」の拡大を進めていきます。