薬剤部

業務内容

医薬品情報管理

 薬物治療を行うには、医薬品の適正使用に必要な情報が不可欠であり、医薬品に関する情報を薬剤師の業務として取り扱うのが医薬品情報管理(以下DI)業務です。DI業務は主に、医薬品の情報収集、収集した情報の処理・管理、情報提供を行います。以下、当院におけるDI業務について簡単に紹介します。

 当院では、採用医薬品ごとに添付文書、インタビューホーム、配合変化表、医療用医薬品製品情報概要や文献集などの資料を収集しており、これらは医薬品別にファイリングし、五十音順に保管しています。収集した情報は常に最新のものにするため、製薬メーカーから使用上の注意改定等の案内があれば直ちに差し替えています。また新薬情報は、医薬品メーカーの医薬情報担当者より入手したり、インターネットを介して独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)の医薬品医療機器情報提供ウェブサイトより入手したりしています。

 情報提供に関しては、医療スタッフからの質問に対する回答、当院採用薬の一覧である採用医薬品リストの作成、配布、年2回開催される薬事委員会での採用、中止等の案内を院内メールで送ることなどを行っています。DI業務の中でも、緊急安全性情報(イエローレター)、安全性速報(ブルーレター)による添付文書の改定など安全性に関わる医薬品情報の収集・管理・提供については特に重要であり、職員に対し院内メールを用いて迅速に周知することを心がけています。