薬剤部

チーム医療

糖尿病教室

 近年糖尿病は、食事内容の欧米化や移動手段の変化により急増し、生活習慣病の中で最も患者数の多い疾患です。糖尿病は自覚症状がほとんどなく進行し、心筋梗塞や脳梗塞、腎症や網膜症など全身の合併症を引き起こす原因となります。

 患者様自身は、よりよい自己管理のもと良好な血糖コントロールを維持することで種々の合併症の発症を予防でき、健康な人と同じような生活を送ることができます。当院では、患者様の自己管理と良好な血糖コントロールを実現するため、医師・薬剤師・看護師・管理栄養士・臨床検査技師・理学療法士が協力しチーム医療を行っています。チーム医療の一つとして糖尿病教室があります。

 糖尿病薬は非常に複雑化してきています。内服薬とインスリンの種類は多数あり各々使い方が異なり副作用も様々です。薬剤師は患者様が使用している薬剤についてより理解を深めて安全に適正に自己管理していく上で薬の特徴を理解していただけるよう、当院で作成した資料をもとに説明を行っています。

 「この薬はなぜ食直前に飲むの?」「インスリン注射ってどんなもの?一生打つの?」…など薬について疑問に思っていることはありませんか?薬剤師が分かりやすく説明します。