医療社会事業部

ネパール地震救援事業

報告3. 帰国式・派遣報告会

 ネパール地震の救援事業に派遣されていた勝占智子看護師の「帰国式・派遣報告会」が9月8日に徳島赤十字病院にて行われました。日浅芳一院長は活動をねぎらい、庄野副院長兼看護部長が代表して花束を渡しながら、「無事に帰ってきてくれて非常に嬉しく思います。このような国際的な活動を行っている職員がいることは私たちの励みにもなります。」と賛辞を送りました。

 これに応えて勝占看護師は、「短い期間ではありましたが、ほんとうに有意義な活動ができたと思います。皆様のご支援ありがとうございました」とお礼を述べました。報告会の参加者は72人で回収した職員からのアンケートには「困難な状況下で大変だったことと思います。お疲れ様でした」、「救援事業の様子、実際がわかりやすく伝わってきました」など多くの感想が聞かれました。

日浅院長「お疲れ様でした」
花束を贈呈する庄野副院長兼看護部長
お礼を述べる勝占看護師
報告会を聴講する職員
「ネパール地震救援事業」に戻る