医療技術部

栄養課

スタッフ

  • 管理栄養士:9名
  • 調理師:28名
  • 作業員:3名
  • 事務職員:2名
    • 専門調理師(給食用特殊料理):12名
    • NST専門療法士(JSPEN):3名
    • 健康運動指導士:1名
    • 日本糖尿病療養指導士:2名

業務内容

給食管理(食事提供・衛生管理)、栄養管理、栄養指導、NSTサポートチーム活動等を通して患者様の入院生活の向上に努めています。また、医療スタッフの一員として診療科のカンファレンスにも参加しチーム医療を進めています。

給食管理

食事提供

朝食8時、昼食12時、夕食18時にお出ししています。
食事内容は、一般食と特別食に分かれており医師の指示により提供しています。

お食事が提供されるまで(PDF)

一般食・特別食の栄養基準量(一部掲載)

栄養基準量表(PDF)

選択メニュー

一般食(常食・軟菜食)を召し上がられている患者様が対象となります。朝食が2つのメニューから選択できます。

嗜好調査

治療や病状により食事摂取が低下した場合、管理栄養士が訪問して食べやすい献立や形態をご相談させていただいています。化学療法中の患者様には「なごみメニュー」もご用意しております。

クリックで詳細が見れます

栄養指導

入院・外来患者様を対象に行っています。できるだけ患者様のご都合に合わせた時間にさせていただき家庭での食事療法に役立てていただいてます。また、糖尿病の教育入院にも管理栄養士が集団・個人栄養指導をしています。またメタボリック健診でも地元食材を使ったヘルシーメニューの提供と食事相談を実施しています。

栄養サポートチーム

管理栄養士がチームの専従者となり、医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師とともに病棟ラウンド及びカンファレンスを実施しています。

ホスピタルカフェ

 2012年4月23日、当院2階の渡り廊下にカフェが誕生しました。カウンターには栄養課スタッフ手作りの野菜をたっぷり使ったパンや、やさしい甘さのスイーツがずらり。豆選びからこだわった、オリジナルブレンドのコーヒーも自慢です。

 入院患者様、そのお世話をされる家族の方々、そして外来の患者様。病院には日々、いろいろな人が来られます。そのすべてのみなさまに、日常を忘れてくつろいでいただける空間を提供したい。そんな思いから、ホスピタルカフェは始まりました。

 もちろん、一般の方のご利用も大歓迎。光あふれるロビーで、緑に囲まれた中庭で。おいしいお菓子とコーヒーを思う存分お楽しみください。

営業時間・場所
  • 10時~16時
  • 土曜・日曜・祝日、創立記念日(5/1)、年末年始(12/29~1/3)は除く
  • 2階渡り廊下(エントランスからエスカレーターで2階に上がった所)
メニュー
  • ドリンク+パン・お菓子(お好きなもの)3種…500円
  • ドリンク単品…300円
  • パン・お菓子(お好きなもの)1種…100円
※ドリンクはブレンドコーヒー・アップルティー・ほうじ茶・ほうじ茶ラテ・りんごジュースの中からお選びください
ホスピタルカフェ通信(PDF)

地域貢献にも参加しています

小松島商工会議所と共同して商品化させた「すだちの丘」と「山桃のしずく」
「すだちの丘」は玉屋製パンさんに作ってもらい病院食にもお出ししています。