医療技術部

臨床工学技術課

臨床工学技士は、医療機器の専門医療職で、病院内では医師・看護師や各種の医療技術者とチームを組んで生命維持装置の操作などを担当しています。また、医療機器がいつでも安心して使用できるように保守・点検を行っており、安全性確保と有効性維持に貢献しています。

臨床工学技士法に基づき、臨床工学技士による『生命維持管理装置の操作および保守管理』を病院全体で行うことによって“医療の質”“病院経営の効率化”を含めた、当院の発展に寄与することを目的としています。

生命維持管理装置の効率的運用と安全性の確保

  1. 生命維持管理装置の故障、誤操作による事故発生の防止
  2. 生命維持管理装置の保守、点検による修理点検コストの軽減
  3. 生命維持管理装置の一括管理による過剰設備投資を抑制する

医療サービスの品質向上

  1. 臨床現場において、医工学関連の技術サービスの水準を一定にし、質の高い医療サービスを提供する
  2. 緊急時にも速やかに対応し、広範囲のサービスを可能とする
  3. 専門的技術に対する利用者教育を行い、院内外の技術向上に努める

現在、当課では15名の臨床工学技士が業務を行い、24時間オンコール体制で夜間救急や休日の緊急呼び出しに対応しています。高度化する医療機器を安全に使用するため、研修会などに積極的に参加することで知識の向上に努め、定期的に新任医師や看護師を対象とした機器操作の講習を行っています。

私たち臨床工学技士の業務は多岐にわたります。そのため、毎朝始業前にカンファレンスを行い情報の共有・統一化をはかっています。

2017年度業務実績(PDF)
各種認定取得状況 取得 取得予定
体外循環技術認定士 4名 1名
呼吸療法認定士 3名  
アフェレシス学会認定技士 1名  
透析技術認定士 1名  
心血管インターベンション技師 3名  
不整脈治療専門臨床工学技士 1名  
CDR(ペースメーカー/ ICD関連情報担当者) 1名  
FCCS(Fudamental Critical Care Support) 1名  
MDIC(医療機器安全管理コミュニケータ) 1名  
日本DMAT隊員 1名  

業務内容

血液浄化業務

体内に貯まった老廃物などを排泄あるいは代謝する機能が働かなくなった場合に行う治療で、血液透析療法、血漿交換療法、血液吸着法など様々な血液浄化療法が存在します。臨床工学技士は穿刺や人工透析装置の操作を行います。

当院透析室は36台の透析用監視装置を所有し、月・水・金(2クール)、火・木・土(1クール)で血液透析(HD)を行っています。また、周術期のHDや持続的血液濾過透析(CHDF)、各種血液浄化療法に6名の臨床工学技士が携わっています。2009年からの取り組みとして臨床研修医(1~2年目)の透析実習指導も行っています。

  • HD(慢性,急性)
  • HDF(オンラインを含む)
  • CHDF
  • プラズマフェレーシス(PE,PA,DFPPなど)
  • LCAP,GCAP
  • エンドトキシン吸着
  • 末梢血幹細胞採取(PBSCH)
  • ドナーリンパ球輸注療法
  • CART(腹水濾過濃縮再静注法)

造血幹細胞採取業務

【造血幹細胞採取】
小児から成人までの造血幹細胞移植における幹細胞採取や骨髄液処理、顆粒球採取、白血球除去など積極的に行っています。臨床工学技士は血液内科の医師の指示の下、造血幹細胞移植時に必要な細胞を「遠心型血液成分分離装置」にて分離採取しています。
*造血幹細胞とは
造血幹細胞とは、赤血球・白血球・血小板のもとになる細胞のことです。骨髄は造血幹細胞を豊富に含んでいます。造血幹細胞は再生能力があり、普通は一生無くなることはありません。顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)投与や抗がん剤治療を受けると、骨髄中の造血幹細胞が血管の中へ漏れ出し、赤血球や白血球、血小板と一緒に全身に流れてくることがあります。肺炎など感染症罹患時などにもみられます。このように、末梢血中に一時的に漏れ出してくる造血幹細胞は、「末梢血幹細胞」と呼ばれています。

手術室業務

手術室には、大小合わせて医療機器が数多く存在します。手術の内容により使用される機器は多種多様であり、手術が円滑かつ安全に行われるように臨床工学技士は、その手術室内の広範な医療機器の操作や事前の準備、使用中の管理を行います。

手術室は月曜日から木曜日までの週4日、開心術での人工心肺装置の操作を行っています。また、自己血回収装置やペースメーカーの操作、MEP(運動誘発電位)の測定等、各種業務に9名の臨床工学技士が携わっています。緊急手術には、24時間365日対応できる体制を整えています。

また、徳島赤十字病院は2014年10月に四国で初めてTAVI実施のための施設認定を取得しました。TAVI(経カテーテル大動脈弁治療=Transcatheter Aortic Valve Implantation)とは、大動脈弁狭窄症に対する新しい治療法です。カテーテル(血管の中を通す細長い管)を使って人工弁を留置するので、胸を開いたり心臓を止めたりする必要がなく、体への負担が少ないのが特徴です。これまで手術をあきらめていた方に対する、新しい治療の選択肢となります。臨床工学技士はハートチームの一員として、TAVI治療でも活躍しています。

役割
  • 体外循環、補助循環のスタンバイ
    人工心肺装置の準備、PCPS、IABPなど
  • PCIのスタンバイ
    IVUSやPCIに必要なデバイスの準備
  • TAVI治療の補助
    Rapid PacingやDCの実施
    清潔野での介助、クリンピングなど
  • 人工心肺装置
  • 自己血回収装置
  • 心筋保護冷却装置
  • TAVI
  • ペースメーカー
  • ICD,CRTD/P,ILR
  • MEP(運動誘発電位)
  • 術中透析

人工心肺業務

心臓手術の際、心臓や肺に代わる働きをする体外循環装置(人工心肺)を操作・管理します。その装置の周辺には多いときには数十台もの医療機器が同時に使われます。すべての機器の操作や使用前の点検などの仕事を臨床工学技士が受け持ちます。

人工心肺業務
人工心肺業務

心臓カテーテル業務

心臓カテーテル検査は心臓病の診断をするための検査方法であり、手術の適応、術式を決定する重要な検査です。臨床工学技士は検査一連の記録をするためにコンピュータを操作し、また検査室内にある装置の操作を行います。緊急時には補助循環装置やペースメーカーなどを操作することもあります。

カテーテル室では、ポリグラフによるモニタリングやIVUSをはじめ各種デバイス(FFR,ポリグラフ,ロータブレーター)の操作を行い、カテーテル治療がより正確に安全に施行できるよう、循環器内科医師のサポートを行っています。また、患者様の急変時にはPCPS、IABPなどの補助循環が必要となる事もあるため、医師の要求に迅速に対応できるよう、日々精進しています。

心臓カテーテル業務
心臓カテーテル業務

カテーテルアブレーション業務では、心房細動を主とした頻脈性不整脈に対する高周波カテーテルアブレーション治療において必要となる各種装置(CARTO3、高周波ジェネレータ、スティミュレータ、Cardio Lab等)のセッティング及び使用物品の準備、さらに治療の際には医師の指示の下で各種装置の操作を行い、不整脈の診断・治療に携わっています。

  • ポリグラフ
  • IVUS
  • OCT
  • FFR
  • ロータブレーター
  • ステントグラフト内挿術(胸部,腹部)
  • ASO閉鎖術
  • PTAV
  • アブレーション
    • CARTO3(三次元画像システム)
    • 高周波ジェネレータ
    • スティミュレータ(心臓刺激装置)
    • Cardio Lab(電気生理学的検査システム)

集中治療業務

集中治療室では心臓や頭などの手術をした後の患者さんや、呼吸・循環・代謝な どの機能が急に悪くなり、命に関わる患者さんを収容して集中的に治療を行います。臨床工学技士は、補助循環装置、人工呼吸器や持続的血液浄化装置などの生命維持管理装置の操作や管理を行います。

ICUにはたくさんの医療機器がありますが、その中でも特に人工呼吸器、補助循環装置(PCPS,IABP)の保守管理業務を行っています。人工呼吸器は成人から新生児まで24時間対応できるように保守管理業務を行い、補助循環装置の操作・保守管理は24時間オンコール体制で対応しています。

集中治療業務
集中治療業務
  • 人工呼吸器
    • 成人用(20台)
    • 小児用(5台)
    • NPPV(3台)
  • 補助循環装置
    • PCPS(2台)
    • IABP(4台)

呼吸療法業務

肺の機能が働かなくなり、呼吸が十分にできなくなった患者さんには呼吸を代行するための人工呼吸器という装置が装着されます。その際、臨床工学技士は人工呼吸器が稼働している場所へ行き、安全に装置が使用されているか、また、装置に異常がないかなどを確認します。また人工呼吸器のメンテナンス・管理等も行っています。

呼吸療法業務

ペースメーカー/ICD業務

不整脈に苦しむ患者さんはペースメーカー(PM)、植込み型除細動器(ICD)といった機器を体に植込む手術を行います。臨床工学技士は、そのような機器を取り扱う場面で機器の管理や操作を行います。

ペースメーカー業務では、ペースメーカー・ICD・CRTD/P・ILR等の植え込み手術における各種デバイスのプログラミング及び各種データ測定と植え込み後患者さんへのフォローアップを定期的に行っています。フォローアップにおいては患者さんごとの生活レベルや状態に合わせた設定を行うことで、ペースメーカー移植後の生活を安心して送って頂けるよう心がけています。

  • ペースメーカー(新規、交換)
  • ICD(新規、交換)
  • CRTD/P(新規、交換)
  • ペースメーカー,ICD,CRTD/P,ILR外来チェック
ペースメーカー/ICD業務
ペースメーカー/ICD業務""

ME機器管理業務

医療施設の様々な分野で使用される医療機器を、安全に使用できるようにまた、機器の性能が維持できるように保守・点検・スタッフへの教育を行います。また医療機器の一括管理し、効率的で適切な運用ができるようにしています。

院内にある一部の輸液ポンプ・シリンジポンプ・経腸栄養ポンプ計128台は医療機器管理システムを用いて中央管理しており、昨年からは病棟管理の輸液・シリンジポンプのラウンドも開始されました。また、高規格救急車の車載機器点検や、院内にある医療機器の保守点検及び一次修理(MEホットコール)も年間260件程行っています。2014年からは院内のバックバルブマスクの組み立て・点検も開始され、院内での臨床工学技士の需要が高まり、業務は広がっています。

また、徳島赤十字病院は2015年4月1日より、ドクターカーの本格運用を開始しています。ドクターカーは救命に必要な器具・薬品を搭載した救急車に医師・看護師・救急救命士などが同乗し、消防本部からの要請により出動して医療行為を行うものです。当院ではかねてより医療機関から要請による病院間の患者搬送にドクターカーを使用してきましたが、2015年4月からは新たに救急医を迎え、救急現場へと出動する本格的な運用を始めました。それに伴い、モービルICUの点検、ドクターカーの点検も日々行っています。

  • 中央管理
    • 輸液ポンプ(272台)
    • シリンジポンプ(144台)
    • 経腸栄養ポンプ(7台)
  • 保育器(9台)
  • ドクターカー(1台)、モービルICU(1台)の点検
  • MEホットコール対応

院内研修

毎年、新任医師や看護師を対象とした機器操作の講習として、輸液・シリンジポンプの操作研修会を行っています。実機を使用しポンプの構造や特性、使用方法を学び医療事故防止に努めています。

院内研修
院内研修
院内研修
院内研修