救急科

集中治療

多発外傷、薬物中毒、心肺停止蘇生後、敗血症性ショックなど、重症な患者に対して集中治療室や救命救急センターで治療にあたります。当科医師が救急外来(ER)から対応することで、ERにいる時点から集中治療を開始することが可能となっています。また、入院中はベッドサイドにおいて、医師や看護師だけでなく、薬剤師、理学療法士、栄養士、臨床心理士など多職種が参加するカンファレンスを実施し、各専門分野における世界的標準治療を意識しながら、患者に適切な治療法を選択するよう心がけております。これらを日々行うことで、救命率の向上はもちろんのこと、機能予後の改善を目指しています。

集中治療科部副部長 髙田 忠明

  • 多職種カンファレンス 多職種カンファレンス
  • ERでの救命処置 ERでの救命処置