教育
トップページ看護部教育教育理念・院内教育計画

教育理念・院内教育計画

目指す看護師像

  • 赤十字の使命、人道を常に意識し、赤十字事業の推進者となる看護師
  • 急性期病院の医療チームの一員として、安全・安心な看護実践ができる看護師
  • 倫理的感性と豊かな人間性を兼ね備え、自律して行動できる看護師
  • 専門職としてのキャリア開発を目指し、自己成長できる看護師

求められる能力

  • 社会人としての規律を守り、赤十字看護師としての自覚をもち、人道に基づいた思いやりのある看護実践ができる能力
  • 災害発生時は、迅速に救護活動ができ、赤十字看護師としての役割が遂行できる能力
  • 専門的知識・技術をもち、医療安全を常に意識しながら、マニュアルを遵守し、安全・安心な看護実践ができる能力
  • チーム医療を意識したコミュニケーション能力・マネジメント能力をもち、リーダーシップが発揮できる能力
  • 豊かな人間性と倫理的感性をもち、主体的に考え自律して行動できる能力
  • 専門職業人としてセルフコントロールでき、向上心をもち専門性を高め、キャリア開発を目指し自己研鑽できる能力

教育理念

質の高い看護や医療を提供でき、また赤十字事業の推進者となる看護師を育成する。
専門職としてキャリア開発を目指し、自己成長できる看護師を育成する。

教育目標

  • 赤十字看護職員としての自覚をもち、災害や救急に関して、責任のある行動と役割が遂行できる能力を育成する。
  • 専門職業人として自己教育でき、対象に応じた看護が提供できる能力を育成する。
  • 医療チームの一員としての役割を認識し、専門的立場より介入できる能力を育成する。
  • 医療安全について、マニュアルを遵守した行動ができる能力を育成する。
  • 看護倫理、個人情報保護を遵守した看護実践ができる能力を育成する。

教育概要

2007年度より看護実践能力の向上を図るため「赤十字医療施設のキャリア開発ラダー」を導入している

キャリア開発ラダーとは

看護実践能力の到達目標をレベル別(段階別)に示した看護実践能力の向上のためのしくみをいう

目的

  1. 赤十字の理念に基づいた「赤十字の看護師の看護実践能力」の到達目標を段階別に明示し、その到達を目指すことにより、質の高い看護や医療の提供ができ、また赤十字事業の推進者となる看護師の育成を図る
  2. 新人の時期から生涯にわたり、継続的に自己研鑽を積むことができる研修支援体制も含めたしくみの導入により、看護師の能力開発の動機付けを促進し、職務満足を向上する
  3. キャリア開発の一環として各赤十字医療施設間の人事交流を促進することにより、赤十字の看護師の質の向上を図る

看護実践能力の領域

  1. 臨床看護実践
  2. マネージメント
  3. 教育・研究
  4. 赤十字活動
急変時の対応 講義・シミュレーション

レベル別教育計画

2017年度レベル別教育計画(PDF)