臨床研修看護師制度

目的・目標

目的

新人看護職員が臨床現場に順応し、基本的な臨床看護実践力を修得することができる。

目標

  1. 社会人・専門職業としての倫理観や基本的態度を修得できる。
  2. 看護実践に必要な基礎知識・技術を修得できる。
  3. 個別性を重視した看護課程が理解でき、指導を受けながら実践に活かすことができる。
  4. 医療チームの一員としての役割を自覚できる。
  5. 医療安全の視点に基づいた行動をとることができる。
  6. 助言を受けながら、自己の目標と課題が明確にできる。
  7. 赤十字としての特色を活かし、救急法の習得や救護活動(訓練)に参加する。