メッセージコーナー

研修看護師からの声

 臨床研修制度は、一年間で病棟2ヶ所、ICU、救命センター、ER、手術室と幅広い研修を受けることができ、急性期看護を通して、多くの知識と学びを得ることが出来ます。そして、各部署をローテーションすることにより、自分の進みたい方向性を考えることが出来ます。様々な部署を回るので、環境が変わり、緊張と不安もありますが、各部署の指導官、指導ナース、先輩看護師が熱心に指導をしてくれます。また、新人を「育てる」という体制が整っており、質問や相談がしやすい環境です。研修生同士で不安な事を話し合ったり、学びを共有し合い、共に頑張っています。この臨床研修制度は、個人の努力や向上心により大きな成長に繋がっていくと思います。せひ、当院で一緒に働きましょう。

2016年度 研修看護師 神原 優奈

2016年度 研修看護師

 臨床研修制度では、一年間で一般病棟や救急部門をローテーションし、先輩看護師の方々に指導をして頂きながら、着実に多くの経験と学びを得ることが出来ます。また、認定看護師の資格を持った先輩看護師が多いため、より専門的な知識と看護技術を学ぶことが出来ます。そして、知識や技術だけでなく、患者様一人一人に寄り添う看護師としての態度も身に付けることが出来ます。研修では、不安や悩みは多くありますが、相談できる先輩看護師や同期がいるため、大変心強く、毎日励みになっています。臨床研修制度では、学びは少しずつですが、確実に自分自身の成長に繋がり、自分の進みたい・目指したい看護を考えることが出来ます。当院は、男性看護師は15名で少ないですが、互いに刺激し合って看護に取り組んでいます。ぜひ、一度見学にお越し下さい。

2016年度 研修看護師 宮本 裕己

 臨床研修看護師制度に興味ある方は、病院見学やインターンシップにぜひお越し下さい。職員一同お待ちしています。