メッセージコーナー|徳島赤十字病院
メッセージコーナー

「食べる楽しみ」を全力でサポートしたい

摂食・嚥下障害看護認定看護師 前田 春香

 徳島赤十字病院で勤務して、多くの嚥下障害患者さんと接してきました。少しでも患者さんの力になりたいと思ったのがきっかけで、愛知県での半年間の研修を経て、2012年6月に認定を取得しました。現在の主な仕事は、摂食・嚥下機能の評価や誤嚥性肺炎などの予防、摂食・嚥下訓練の実施です。摂食・嚥下障害は目に見えないところで起こっているので、患者さん自身の理解と協力が得にくいという難しさがあります。そのため身近にいる看護師がいち早く気付いて、誤嚥を予防することが大切です。認定を取る前は食べられるかどうかの判断だけにとどまっていたのですが、認定を取ったことで神経についての理解が深まったので、今後はリスク管理とリハビリを同時に行っていきたいと考えています。一人でも多くの方の「食べる楽しみ」をサポートできるよう、将来的には言語聴覚士や耳鼻科のドクターとチームを組んでサポートを行っていけたらと思います。