メッセージコーナー

“認知症のひとだから”ではなく、“ひとりの人”としての尊厳を守る

認知症看護認定看護師 溝口愛子

 私は、高校生の時に認知症の祖父と暮らしたことがきっかけで、認知症の方の思い・介護をする家族の思いに寄り添い、少しでも心が安らぐ時間を作り、安心できる存在になりたいという思いがありました。そして、看護師として働く中で、急な環境の変化や身体症状の変化、手術による侵襲などにより、混乱し戸惑う認知症の患者さまと多く関わる中で、自分自身が行っている看護はこれで本当に良いのか、認知症の患者さまの思いが取り残されてしまっているのではないかという思いがありました。そんな中、病棟の師長さんから声をかけて頂き、不安もありましたが「認知症について学べる!!」という喜びが勝り、資格取得を決意し、2015年に認知症看護認定看護師を取得しました。

 “急性期病院に認知症看護?”と思われることも多くあります。しかし、認知症の患者さまにとって、急性期病院は「治療をする場」であるとともに、「人生の統合をする時期にある」人生の中の一場面であり、その人生を生きる一人の人として尊厳を守り、安心・安全な生活への場に結び付けるための重要な場所でもあると考えます。認知機能の低下にともない自身の思いを適切に伝えることが難しくなる患者さまの思いを敏感にキャッチし、また、身体状況の変化・入院とういう環境の変化による影響を統合的にアセスメントし、患者さまが安心し安全に治療が受けられる療養環境を整えていきたいと思います。

 また、一生懸命にケアをしている介護家族や看護師にとって認知症の患者さまとの関わりは葛藤が多く疲弊をもたらしているのも現状です。患者さまの思いとともにスタッフや介護家族の思いも大切にしケアを行っていきたいと思います。