メッセージコーナー

先輩看護師の対談

徳島赤十字病院を選んだ理由は?


複数部署をローテーションすることができ、様々な分野の看護を学びたいと思ったからです。


学生時代に実習させて頂いて、非常に雰囲気が明るく教育も手厚い支援が得られると感じたからです。


学生の実習時に理想の看護師に出会い、当院を希望しました。

神崎
高度救命救急センター・地域医療支援病院として地域の方々と深い繋がりを持つ当院で自分も看護師として地元の医療に貢献したいと思ったからです。

賀川
当院には、一年間を通じて幅広く技術や知識を身に付けられる臨床研修看護師制度があったので、この制度のもとで看護実践能力を身に付けたいと思ったからです。

賀川 看護師

実際に研修を受けて、感じたことは?


どの部署でも丁寧に指導して頂き、各部署の特徴をふまえた幅広い看護を学ぶことができました。


最初は先輩方が付いてアドバイスをくれ、不安の中でも看護ケアを行うことができ、ゆっくりでも確実に成長できていると感じました。


各部署をローテーションすることができ、看護ケアに重要なことがわかりました。

神崎
一般病棟だけでなく、救急部門をローテーションすることで一連の看護の流れを学ぶことができ、有意義な一年間だったと感じています。

賀川
様々な部門で研修ができたので、深いところまで知識を付けることができました。

濱 看護師

先輩看護師には指導を受けやすい雰囲気ですか?


忙しい中でも気にかけて下さり、繊細な疑問についても質問しやすく、その場で解決することができました。


各病棟に指導官・指導ナースがおり、指導や相談にすぐにのってくれるためとても聞きやすかったです。


とても優しい先輩ばかりでたくさんのことを指導して頂いています。

神崎
研修制度を受けてこられた先輩方も多く、研修生の事を気にかけてくださり、丁寧に指導して下さる為、詳細なことでも質問でき、多くの学びを得ることができました。

賀川
質問や疑問をその場で、先輩看護師に尋ねやすい環境であり、自分の中で抱え込まずに看護ができました。

港 看護師

休日はどのように過ごしていますか?


自宅でゆっくり過ごしたり、友人と遊んだりして気分転換しています。


家でひたすら寝たり、時々同期の看護師とご飯など行ったりしました。仕事するときは仕事、休むときはしっかり休むことは大事だと思いました。


友達とご飯や旅行に行ったり、一人の時はヨガに行ったりしてリフレッシュしています。

神崎
友達とカフェ巡りをしたり、趣味である阿波踊りやバレーボールをしたりして存分にリフレッシュしています。

賀川
同期と買い物に行ったり、ご飯に行ったりしてリフレッシュしています。

神崎 看護師

看護師を目指す学生に一言


一緒に頑張りましょう。


毎日忙しく大変な仕事ではありますが、とてもやりがいがあり自分を成長させてくれると思います。


看護師になって大変なことも多くありますが、患者様の笑顔や「ありがとう」という感謝の言葉を聞くとやりがいを感じることができます。頑張ってください。

神崎
同期と切磋琢磨しながら看護師として大きく成長できます。

賀川
看護師として成長できる場だと感じています。

林 看護師