お知らせ
トップページお知らせ

救護班第1班 帰院報告式

2016年04月19日

 熊本地震の被災地で医療救護活動を行うため4月16日に派遣された救護班第1班が、被災地での活動を終えて4月19日午後3時50分に無事帰院、職員の大きな拍手に迎えられました。日浅院長は「よくぞ無事に帰ってきてくれました」と労いの言葉をかけ、救護班員10名を代表して班長・中山崇医師が「熊本での任務を無事遂行し、微力ですが現地の皆さまのお役に立てたのではないかと思っています。しかし、まだまだ支援が必要な状況ですので、全国の救護班とともに継続支援を行っていきたいです」と報告しました。
 当院は引き続き4月24日に救護班第2班を送り出す予定です。