お知らせ
トップページお知らせ

4月27日 救護班第2班 帰院報告式

2016年04月27日

 4月24日に熊本へ派遣された救護班第2班が、被災地での活動を終えて4月27日午後3時15分無事に帰院しました。日浅院長は「皆さんのおかげで熊本の方たちも助けられたことと思います。ご苦労さまでした。」と班員を労い、救護班要員14名を代表して班長・福田靖医師が「今回の震災は局地的な被害が多く、避難所なども被災を受けています。派遣されてくる全国の救護班や復興しつつある地域の病院と連携をとりながらエコノミークラス症候群、感染症や慢性疾患患者などの対応を行い、被災者の方々が早く普段の生活に戻れるよう支援を続けていきたいです」と報告しました。
 今後、日本赤十字社徳島県支部救護班として4月30日に第3班(徳島赤十字ひのみね総合療育センター職員等で構成)、5月5日に第4班(当院職員等)を送り出す予定です。