お知らせ
トップページお知らせ

1月27日 市民公開講座を開催しました

2017年02月01日

 徳島赤十字病院は、地域の皆様との交流を深め、病院をより身近に感じてもらうために、市民公開講座を定期的に開催しています。

 1月のテーマは「腰痛と背骨のていれ“これで必ず腰痛が治る”は嘘」。藤井 幸治第二整形外科部長が腰痛の原因や症状、対処法について説明しました。自身が腰痛持ちであるという藤井医師は、自分のMRI画像と20歳の健康な人のMRI画像とを比較しつつ注目点などをわかりやすく解説。腰痛患者さんの手術を8時間ほど立ちっぱなしで行った際に自分の腰痛が再発したエピソードなどを話し「腰痛のプロも腰痛になっている」とのユニークな講義に会場からはたびたび笑いが起こっていました。「腰痛は加齢である程度は起こるものです。完全にスッキリとは治りません。痛みが続いている人は、なるべく痛くならないよう手入れをして付き合っていくことが重要です。なかでも私は運動療法が一番の手入れだと思っています。有酸素運動や無酸素運動、ストレッチや日頃から良い姿勢を保つことも運動になります」と話すと、約200人の参加者たちは背筋を伸ばすなど、即座に反応していました。

1月27日 市民公開講座
1月27日 市民公開講座