お知らせ
トップページお知らせ

ザンビア共和国から研修生が来ています

2017年11月28日

 11月13日から12月3日までザンビア大学教育病院(University Teaching Hospital in Zambia)より人工心肺管理訓練生を1名受け入れています。

 ザンビア共和国内での循環器診療は、狭心症や心筋梗塞などの診断ができず、心臓カテーテル検査・治療や冠動脈バイパス手術を行える環境は整っていない状況です。国内でザンビア人医師が検査や治療、手術が行えるようにザンビア人心臓血管外科医、麻酔科医、臨床工学技士、看護師の育成をしているところです。
 今回は当院の北岡豊永臨床工学技士が9月23日から10月15日までザンビアで心臓血管手術および人工心肺の操作や管理などの指導を行ったことが縁となって、ザンビア大学教育病院・手術室看護師のFelixさんが人工心肺管理を学ぶため研修に来られました。
 なお、2018年1月にはザンビア国内でザンビア人による初めての心臓血管外科手術が予定されているということです。