お知らせ
トップページお知らせ

「看護学生のための看護実践夏期セミナー」を開催しました

2018年08月14日

看護学生のための看護実践夏期セミナーを8月3日に開催し、看護学生44名が参加しました。

今回は、勝占智子看護師(日本赤十字社国際救援開発協力要員)が『国際救護について』、藤田昌子集中ケア認定看護師が『クリティカルケアの実際』、角谷美千代感染管理認定看護師が『感染管理の実際』と題して、専門的な知識に関する講義を実施しました。

『国際救援について』では、参加者から「学内では、国際救護について知る機会がないため新たに知ることばかりで興味深かった」「国際救護について、医学的な問題だけではなく、その国ごとの文化について学び医療に携わることも大切であるということを学ぶことができた」など、『クリティカルの実際』については、「ICUのケアなど普段聞けない話を聞くことができ、興味を持つことができた」など、『感染管理の実際』では、「就職後すぐにできる手指衛生について詳しく説明してくださって、とてもためになった」「臨床で感染管理をきちんとしていこうと思った」などの感想が聞かれました。すべての講義で、看護学生が認定看護師の活動や看護現場の実際、国際看護について学び、今後に活かせる有意義な内容となっていました。

当院では、春期と夏期にこのような看護実践セミナーを開催する予定です。開催が決まり次第、ホームページでもお知らせしますので多くの方のご参加をお待ちしております。

護学生のための看護実践夏期セミナー