お知らせ
トップページお知らせ

6月28日 市民公開講座を開催しました

2019年07月02日

徳島赤十字病院は、地域の皆様との交流を深め、病院をより身近に感じてもらうために、市民公開講座を定期的に開催しています。

6月は「いつまでも口から食べるために -「飲み込み」のメカニズムと「肺炎」の予防–」をテーマに講演しました。
庄野仁志耳鼻咽喉科指導医師が、嚥下のメカニズムと誤嚥の原因をイラストで丁寧に解説、加齢による誤嚥を完全に予防することは難しいが、リハビリや口腔ケアで誤嚥性肺炎の予防をするよう話しました。次に、清加央里言語聴覚士が嚥下のチェック法や訓練法、また食べるときの姿勢や食べ方の工夫で誤嚥が予防できると説明。最後に梅本律子管理栄養士が誤嚥や窒息に気をつけたい食品について、とろみをつけるなど安全で美味しい調理のポイントを話しました。約160人の参加者があり、「麺類がすすれないのは嚥下能力が低下しているせいか」「寝ているときも人は嚥下しているのか」など質問が相次ぎました。

市民公開講座
庄野 医師庄野 医師
清 言語聴覚士清 言語聴覚士
梅本 管理栄養士梅本 管理栄養士
参加者に配付参加者に配付