お知らせ
トップページお知らせ

「看護学生のための看護実践夏期セミナー」を開催しました

2019年08月09日

看護学生のための看護実践夏期セミナーを8月2日に開催し、看護学生58名が参加しました。

今回は、德永亜希子がん性疼痛看護認定看護師が『がん看護の実際』、大垣由美救急看護認定看護師が『救急看護の実際』と題して、専門的な知識に関する講義を実施しました。

『がん看護の実際』では、参加者から「患者様からみた緩和ケアと看護師からみた緩和ケアは異なる事、患者様に寄り添ったケアを行う事が大切と学びました。自分が正しいと思っている事は人によってはそうではないということも学びました。」「小さな奇跡を通して、患者様に寄り添った看護を行う大切さや、目の前にいる患者様の生き方や価値観を尊重する大切さを学ばせて頂きました。」などの感想が聞かれました。また『救急看護の実際』については、「実技演習もあったので、実際のことを想像しながらできました。」「実際に胸骨圧迫の体験が今後の役に立つと感じました。」などの感想が聞かれました。すべての講義で、看護学生が認定看護師の活動や看護現場の実際などを学び、今後に活かせる有意義な内容となっていました。

当院では、春期と夏期にこのような看護実践セミナーを開催しております。開催が決まり次第、ホームページにてお知らせします。多くの方のご参加をお待ちしております。

  • 看護学生のための看護実践夏期セミナー
  • 看護学生のための看護実践夏期セミナー