お知らせ
トップページお知らせ

8月23日 市民公開講座を開催しました

2019年08月28日

徳島赤十字病院は、地域の皆様との交流を深め、病院をより身近に感じてもらうために、市民公開講座を定期的に開催しています。

8月は飛田泰斗史(ひだ やすとし)皮膚科部長がアトピー性皮膚炎について、個々の症例の背後に潜む悪化要因と対処法、ケアの仕方などを講演しました。まず疾患の定義と概念、素因を話し、特徴的な症例について画像で説明。治療方法には、外用療法・内服療法・生物製剤があり、それぞれの効能・副作用などを詳しく解説しました。「出生直後から保湿剤による正しいスキンケアは、アトピー性皮膚炎の発症リスクを下げます」と皮膚保湿の有効性も呼びかけました。聴講者52人には若い女性の姿も多くみられ、講演終了後には「赤ちゃんへの保湿ケアでおすすめのものは」「60歳を超えてもアトピー性皮膚炎を発症することはありますか」「ステロイド皮下注射はどれくらいの期間続けたらいいのでしょうか」などの多くの質問が寄せられました。

  • 市民公開講座
  • 市民公開講座