お知らせ
トップページお知らせ

中国・四国ブロック各県支部合同災害救護訓練を実施

2019年11月14日

11月9日、日本赤十字社鳥取県支部主催による、吉岡鹿野断層(鳥取県東部)を震源とする地震を想定した「日本赤十字社中国・四国ブロック各県支部合同災害救護訓練」が鳥取県で開催されました。
当院から医療救護班1個班7名が参加し、日本赤十字社鳥取県支部に到着報告後、当院医療救護班は高校に開設された避難所で医療などのニーズを把握するための調査「避難所アセスメント活動」を行うよう指示がありました。避難所到着後、キーパーソン(施設長・保健師等)に避難所状況を確認し、班長を中心にチームビルディング(活動方針・役割分担)を行い、各要員が分かれて診療やアセスメントを行いました。
参加した救護班要員からは、「災害発生時には医療救護活動だけではなく、今後は避難所アセスメントも医療救護班の重要な任務の1つとなることが分かった。災害発生時には与えられた任務を遂行できるよう、今後も訓練を重ね、万が一に備えたい」との力強い言葉が聞かれ「災害への備えと赤十字の一体感」に心を寄せた、熱い一日となりました。

  • 中国・四国ブロック各県支部合同災害救護訓練
  • 中国・四国ブロック各県支部合同災害救護訓練
  • 中国・四国ブロック各県支部合同災害救護訓練