お知らせ
トップページお知らせ

ザンビア共和国から研修生が来ています

2020年01月22日

アフリカ南部ザンビアのザンビア大学付属教育病院(University Teaching Hospital)から研修生(Collins mwewaさん)を受け入れています。1月14日から2月14日まで体外循環や心臓カテーテル検査を学ぶために来られました。コメントをいただきましたので、掲載します。

まず徳島赤十字病院と日本の皆さまに、心臓手術と患者管理のトレーニングとその支援を通じてザンビアの心臓部門を作る機会を与えてくれたことにお礼申し上げます。
私たちの心臓病棟は、心臓病患者の管理や病棟・病院を有効に運用するために必要な有資格者がいないため、あまり効率がよくありません。
したがって臨床工学技士、医療技術者としての研鑚を積むことが必要であり、私は徳島赤十字病院へやってきました。心臓病患者の治療において、最善の結果を得るために、特に臨床工学技士のチームからなる医療スタッフからのサポートを受けながら、患者の管理方法、機器や消耗品の使用方法を学ぶことがきること、他のチームメンバーと一緒に働けることに非常に感謝しています。
この病院で心臓病の患者管理についてさらに学べることを楽しみにしています。そして心疾患治療を必要とするザンビアの人々を一緒に助けることができるよう、皆さまの継続的な支援をよろしくお願い致します。

ザンビア共和国から研修生

コリンズ・ムエワ

原文

I want to thank Tokushima Red Cross Hospital and the people of Japan for giving me and my country the opportunity to have a Zambian cardiac unit through training and support in cardiac operations and patient management.
Our cardiac unit is not very effective because we do not have all the qualified personnel needed to manage patients with cardiac conditions or run effectively a cardiac unit or hospital hence the need for me to come here for orientation and training as a perfusionist and medical engineer.
I am very grateful for the support I have received from the medical staffs especially the team of medical engineers and to learn from them how to manage the patients, how to use the equipment and supplies, and work with other team members in order to have the best out come in treating cardiac patient.
I look forward to learn more from this hospital about management of patients with cardiac conditions and your continued support will be highly appreciated so that together we can help the Zambian people who needs cardiac services.

Collins mwewa