お知らせ
トップページお知らせ

平成26年度 病診連携推進連絡会を開催しました

2015年02月27日

 各医師会と徳島赤十字病院における病診連携推進連絡会および懇親会を、2月25日、ホテルクレメント徳島にて開催しました。

日浅芳一院長
川島周徳島県医師会長

 これは地域の医療機関と当院の連携をより深めるため、毎年開催しているものです。開会にあたり、日浅院長が「当院は来年度より本格的なドクターカーの運用を開始するとともに、ハイブリッド手術室などを活用した先進医療にも力を入れていきます。これらはすべて紹介・逆紹介いただける先生方あってのことであり、この会によって顔の見える病診連携がより一層進めばうれしく思います」とあいさつ。続いて川島周徳島県医師会長が「日本の医療は大きな転換期を迎えていますが、医療者が一丸となって徳島の皆さんに質の高い医療を提供しなければならないことに変わりはありません。日赤には今後もご助力いただきたいと思います」と語りました。

 「ハイブリッド手術室の活用による先進医療」をテーマにした講演会では、木内智也脳神経外科指導医師が「脳卒中急性期治療に対する取り組み」、石倉久嗣呼吸器外科部長が「触知不能結節影に対する術中マーキング法」、細川忍第二循環器内科部長が「経カテーテル大動脈弁埋め込み術(TAVI)」と題して講演。その後行われた懇親会では県内各医師会の医師109人と当院医師など53人が歓談しました。

講演会場
懇親会の様子