お知らせ
トップページお知らせ

7月24日 市民公開講座を開催しました

2015年08月04日

 徳島赤十字病院は、地域の皆様との交流を深め、病院をより身近に感じてもらうために、市民公開講座を定期的に開催しています。

 7月のテーマは、“「眼瞼下垂症」まぶた、重くありませんか?”

 形成外科の清家卓也医師が、まぶたの仕組みや眼瞼下垂症の症状、治療についてイラストや写真、図解を用いてわかりやすく解説しました。清家医師は「最近目が疲れやすい、夕方になると視野が狭くなる、頭痛がひどくなった、などの症状がある方は眼瞼下垂が原因の場合があり得ますので受診してください」と呼びかけ、会場からは医師の説明に頷いたり、「手術すると頭痛や肩こり、首こりにも効果があるというのは本当でしょうか」など次々に質問する光景が見られました。参加者は86人で若年層も多く、回収したアンケートには今後、開催を希望するテーマについて様々な意見が書かれていたほか、県南など地方での開催を願う声も聞かれました。

関連リンク

市民公開講座