お知らせ
トップページお知らせ

10月15日「小さな奇跡」が紙芝居になりました

2015年10月16日

 今年5月、ウェブサイトでご紹介しました、第5回「忘れられない看護エピソード」優秀賞に輝いた当院がん性疼痛看護認定看護師 徳永亜希子さんの作品「小さな奇跡」が紙芝居になりました。

 山口県防府市のYIC看護福祉専門学校より「忘れられない看護エピソード」入賞作品を紙芝居にしたいとの問い合わせが日本看護協会にあったそうです。そして、系列にある専門学校マンガ科の学生によって作成された紙芝居は、中高生を対象として看護学生たちに活用されているとのことでした。ご厚意により作者の徳永さんに紙芝居をお送りいただきましたので、当院でも研修に来ている看護学生たちに紙芝居を披露しました。

スタッフのなかには当時を思い出し、涙ぐんでしまう方も
徳永さん「とても忠実に再現されています」