お知らせ
トップページお知らせ

2015年度 病診連携推進連絡会を開催しました

2016年02月25日

 2月8日、各医師会と徳島赤十字病院における病診連携推進連絡会および懇親会をホテルクレメント徳島にて開催しました。

 これは地域の医療機関と当院の連携をより深めるため、毎年開催しているものです。開会にあたり、日浅芳一院長が「救急隊との無線機を搭載した機動力の高いラピッドレスポンスカーの導入、日帰り手術センターなどの整備を行い、超急性期医療に特化し、先生方とますます連携を深めていきたい」とあいさつ。続いて川島周徳島県医師会長が「徳島赤十字病院の超急性期医療の提供は非常にありがたく、医師との連携だけでなく看護師との連携も深め、患者さんに還元できればと思います」と語りました。

 「救急医療の最前線」をテーマにした講演会では、福田靖救急部長が「ドクターカーの運用状況について」、當別當洋平循環器内科指導医師が「急性冠症候群に対する緊急カテーテル治療」、石原学脳神経外科フェロー医師が「当院での超急性期血行再建について」と題して講演。その後行われた懇親会では県内各医師会の医師152人と当院医師など54人が歓談しました。

講演会場
日浅芳一院長
懇親会の様子
川島周徳島県医師会長